空白の一列

それは、歌の練習を終え、広島から帰って来た時に立ち寄った近所のコンビニで時折見かける。

日曜の夜になると、時々ではあるのだが、酒類の置いてあるコーナーに、何も置かれていない場所が一列設けられるのだ。

良く見ると、これまで見たことのない商品名と値段が書かれていた。おそらく、日付が変わって月曜日から売り出されるものなのだろう。

この3月以降、麦芽100%となったキリンの「一番搾り」、サッポロの「焙煎生ビール」、アサヒの「マスター」が売りに出された時にこの状態を目の当たりにした。明日から売り出されるのは、エビスの新シリーズのようだ。最近、オリジナルのエビスの味が落ちた、という話を友人から聞いた(私は鈍感なのか、味の変化には気づいていない 爆)。こんどの新商品は、はたしてどうか・・・。
[PR]