いつのまにこんなに大きく?

かぶせていた金属が取れてしまったため、歯科医に行ってきた。

そこでの待ち時間のこと。待合室にあった地元の新聞を手に取ったところ、字が大きくなっていることに驚いた。

普段購読しているのは日本経済新聞。昔に比べれば字は大きくなっているのだろうが、字がぎっしり詰まっているという感が強い。

だから、こうしてたまに他の新聞を目にすると、字が大きくなっていることに、最初は違和感を感じるのだ。

そういえば、子供のころ、家で購読していた新聞(訪れた勧誘員の順番で決めていたのか、朝日と読売が時々入れ替わる状態だった)も、「読みやすくなります」と宣伝され、文字のサイズが大きくなった事が何度かあった。

字が大きくなっている分、もしかしたら記事(情報)の量が減っているのではないか?それとも、記事の数は同じで、一つに割り当てられる字数を減らされ、記者が要約する苦労が増えているのだろうか?

ふと、そんなことが頭に浮かんだ、土曜の昼下がりだった。
[PR]