春の到来を告げるもの

それは、多くの人にとっては、やはり桜だろうか。
開花宣言が出されてから寒い日が続いたおかげで、今年は例年より長く桜を楽しむことができた。

しかし、大阪にいたころ、春の到来を実感するものがもう一つあった。
(大阪よりむしろ、神戸方面で、といった方がいいのかな)

それは、いかなごのくぎ煮。

当時の歌仲間の奥様に差し入れていただいたのをきっかけに、その存在を知った。

味付けには、家々で違いがあり、この時期、各家庭から漂う、いかなごを炊く匂いが、春を告げる風物詩ともなっていたそうだ。

さすがに、自分で作るまでには至らなかったが、スーパーで並んでいるのを見つけると、ご飯の共に購入することもしばしばだった。

大阪を離れて初めての春。スーパーをのぞいてみたが、さすがにいかなごのくぎ煮は並んでいなかった。

その代りに、自宅や職場近くで聞こえるウグイスの鳴き声が、私に春の到来を告げてくれた。
[PR]