さっそく、恩恵にあずかる

この週末から始まった、週末の高速道路料金1,000円。

私も早速この恩恵にあずかった。

広島の合唱団の練習に行く際、ここのところクルマを利用することが常になっている(これが一番早い)。

その際に使うルートが、山陽道の熊毛~廿日市または五日市までの間。通常の料金は、廿日市までなら1,800円、五日市までなら2,200円である。

これが、ETCを搭載することにより割引になり、休日9:00~18:00の間での利用なら、上記の区間の料金はそれぞれ950円、1,100円に割引になる。それを知って、光に引っ越して間もなくETCを搭載した。

今日の往路で、まずは五日市まで乗って見た。五日市ICで料金所を通過したとき、ETCのアナウンスはこうだった。「料金は・・・(ここで一瞬の間)、1,000円です。」

そうか、本当に上限が1,000円になったのだ、と実感。

更に、夜、練習からの帰りに、今度は廿日市ICから熊毛へとクルマを走らせた。これまでなら、割引の対象時間帯から外れていたため、やむなく1,800を投じていたのだが、ETCが告げた料金は、950円。上限が1,000になるのと同時に適用される、料金半額のメリットを受けることができたようだ。

高速道路の運転にはまだまだ慣れておらず、結構神経を使うのだが、こうしたメリットを受けられる2年間は、広島行きの移動手段の第一候補はクルマとなりそうだ。
[PR]