気がつけば3年

最近になって、NCで多田武彦の作品を歌う機会が増え、先だっても「ただたけだけコンサート」と称して、多田氏の作品だけで構成されるコンサートを開催した。

多田作品の演者として、絶対に忘れてはならないのが、協ちゃんこと北村協一氏である。

3年前の今日、癌との闘いの末、天国へと旅立たれた。

協ちゃんの指揮で歌った機会は数少ないが、どれも、私にとっては大事な位置づけになっている。

今、これを書きながら、最初に歌った機会となった、94年のAround Singersの演奏会のビデオを観ている。

ライフワークとして、歌うことにかかわっていきたい、と強く思ったきっかけともなった演奏会として、私にとっては大事な位置づけとなっている。

あの頃は、「これが最高水準の演奏」と思って歌っていたが、今にしてみると、悪い見本が多いな、と15年越しの反省会モードにもなる。

それだけ、自分自身が成長しているのだろうな、と思いたい。
[PR]
by h-katopon | 2009-03-13 22:28 | 音楽