郊外店より街中の店舗に軍配か?

今、本を買おうとして最初に足を向けるのは、徳山にある書店である。

車が前提の生活になっているせいか、このあたりでは、書店も郊外型店舗が多い。

そして、意外と(と言っては失礼か)ビジネス書や実用書が多いのが、非常に助かっている。
新聞広告や書評に紹介される本なら、大概は揃う(発売が若干遅れることもあるが)。

しかし、なんとなく、落ち着いて本を探すことができないのがちょっと残念なところ。

同じ敷地内に、飲食店が3件、さらにユニクロが近くにあることもあってか、家族づれでの来店が多く、時には店内が子供の遊び場になってしまうこと、また、店内に流れる音楽が時に耳障りに感じられるのだ。

やはり、私の知っている範囲では、大きな街にある大型店舗の方が、落ち着いて本を探すことができるような気がする。

先日、関西へ行ったときに寄った梅田や四条河原町のBook 1stで、それを再認識した。
[PR]