驚きの連続

今朝、眠い目をこすりながらつけたテレビのニュースで、まず最初に驚いたのは、高級陶磁器のウエッジウッドが経営破たんした、というニュース。

そして、英国伝統企業の代名詞とも感じられたこの会社が、実はホールディングカンパニーをアイルランドに持っていた、という事実。

そういえば、時々Podcastで聴いていたアイルランド国営放送のニュースで、一時期ウエッジウッドの名前が出たことに「え、何で?」と思った記憶によみがえってきた(ちなみに、ニュースの内容は覚えていない、というより、聞き取れなかった・・・)。

さらに、この経営破たんを機に、福井の陶磁器会社の経営が危なくなった、というニュースに触れ、ウエッジウッドが日本企業からOEM供給を受けていた、という事実を初めて知った。

驚きの連続(単に今まで知らなかっただけだが)となったこのニュース。このままウエッジウッドの灯が消えるのではなく、新たな引受先の元で、伝統企業復活、となることを願うばかりである。
[PR]