工場ならでは

私の職場の出勤日は、基本的にはカレンダー通りである。

ところが、製造現場のことを考えると、平日に休みがある場合、カレンダー通りに休日を設定すると、作業効率が落ちることもある。

そのため、ごく稀に、祝日を同じ週の月曜や金曜に振り替えることがある。

今週、その状態になった。
天皇誕生日の祝日を今日(12月22日)に振り替え、明日は出勤日となる。
もっとも、仕事がピークを迎えている私は、振替休日となった今日も出勤していたのだが。

関連している部門や取引先の方には、担当者から伝わっていると思うのだが、「当然、今日は稼働日だろう」との判断でか、何本か電話がかかってきた。「申し訳ございません。本日、こちらの工場は休日となっております」と伝えると、皆さん絶句して1~2秒の沈黙が生まれた後、明後日(24日)に連絡を入れる、または用件はメールで入れるの一言を残して電話は切れるのだった。

休日出勤の場合、電話で作業が中断される確率が非常に少なく、仕事が捗るはずなのだが、今日のように、自分の勤務地だけが休み、という場合はそうもいかない。

もっとも、そうした周りの環境に注文をつけず、どんな状況でも同じ効率、同じ質で仕事を上げねばならないのだが・・・。精進精進。
[PR]