自分の存在意義

環境が変わったこともあり、新しい場所で、自分がどんな役割を果たしていけばよいのか、折にふれて考えている。

仕事に関しては、この先もやらねばならないことが増えてくる見込であり、それを消化不良にならぬよう、周りの力を借りてこなすことにより「こいつに任せておけばなんとかしてくれる」という存在になっていくことから、自分の居場所を見つけていくことにする。

歌に関しては、これまでも自分で感じていたことだが、自らが主軸になって引っ張る、というより、隙間を埋めていくのが私の役回りなのかもしれない。先日NC練習後の飲みやコンクールの打ち上げの際、仲間にそれを指摘されたことで、改めてそれを認識した。

先週から参加している「ある」でも、当初、セカンドテナーを期待された。しかし、声質はテナーに近いが音域的にはきつい私は、結局バリトンを基本に、ところどころでセカンドテナーに移る、という、これまでYKで担っていたのと同じ役回りに落ち着くことになりそうだ。
[PR]