夢の超特急、去る

昭和39年(だったかな?)の開業当時から走り続けてきた、新幹線の0系車両が、今日を持って引退することとなった。

こう書いても、鉄道ファンを除けば、山陽新幹線沿線におられる方を除けば「え、今頃?」と思うかもしれない。

新幹線には、これまでに0系以外に100系(これも今では山陽新幹線の「こだま」でしか走っていない)、300系、500系、700系、そしてN700系の車両が登場し、東海道新幹線の区間で走っているのは、今では300系以降の車両しかなくなっていると記憶している。

光へ引っ越すとき、うまい具合に徳山に停まる「ひかりRailstar」の指定席が取れず、広島まで「のぞみ」、そこで「こだま」に乗り換える形で移動した。その時の「こだま」が偶然にも0系車両。それが、0系車両に乗る最後の機会となった。

長い間、お疲れ様でした。
[PR]