熱い思い ふたたび

休日出勤中、一息ついたときに、先週のコンクールの順位の知らせがあった。

なんと、YKは銀賞獲得団体の中ではトップだったとのこと。

メンバーの中には、金ではなかった悔しさを抱いている人も多いと思うが、これまで2回続けて銀賞の最下位だったことを考えれば、躍進である。

入団した5年半前には、全く想像もつかない位置に、YKは上ってきた。特定の誰かではなく、皆が頑張ってきた成果である。

仕事を終えて、買い物ついでにドライブしている車中で、熱い思いが込み上げてくるのを止めることができなかった。やはりこの団で歌い続けてきて良かった。


その満足感を胸に抱きながら、明日は新たな活動の場として考えている合唱団の門を叩く。
[PR]
by h-katopon | 2008-11-30 00:44 | 音楽