ところ変われどやることは同じ

大阪にいた頃、仕事帰りに書店に立ち寄ることがほぼ日課に近い状態になっていた。

立ち読みだけで帰るときもあれば、何冊も買って抱えて帰るときもあった。

おかげで、今回、光に引っ越してくるとき、私の荷物の大半を占めたのは、本であった。

光に来てから、「あまり使えそうな書店はないな」と思っていた。書店は、大きな街に行かないと使える場所がない、そう考えていた。

しかし、光の中にも、それなりに在庫が充実した書店をいくつか見つけることができた。

さすがに、毎日という訳にはいかないが、仕事から戻ってきた後、車に乗り換えてその書店へ向けてアクセルを踏む。

住む土地が変わっても、やはりやることは同じである。私の出費に占める書籍代の割合、あまり変わりそうにない。むしろ家賃負担が減った分、相対的なウエイトが上がるのかもしれない。
[PR]